Acer、2度目のセキュリティ侵害が発生したと発表

Acerは2度目となるセキュリティ侵害が発生し60Gあまりのデータデータがアンダーグラウンドで販売されいている状態であることを発表しました。

このデータは、インドの小売業者や販売業者の顧客情報やログイン情報が含まれているとされ、RAIDというフォーラムで共有されていました。このフォーラムは、過去数年にわたり、企業を恐喝したり、盗んだデータを販売したりするために、脅威となる人物によって利用されてきました。

盗まれたデータのサンプルは、残りのファイルのビデオとともに、攻撃者によって共有されました。

声明の全文は以下の通りです

インドのアフターサービスシステムへの攻撃が確認されました。検知後、当社は直ちにセキュリティ対応を開始し、システムのフルスキャンを行いました。

影響を受けた可能性のあるインドのお客様にはすでにお知らせしています。

この事件は、地元の法執行機関およびインドのコンピュータ緊急対応チームに報告されており、当社の業務および事業継続への重大な影響はありません。

また、2012年にハッカーが2万人のユーザー認証情報を盗まれる事件が発生Acer Indiaのネットワークが侵害され、今回が2度目となるセキュリティ侵害事件となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。