100人以上の台湾政治家のLINEアカウントがハッキングされる

100人以上の台湾の政治家や政府関係者のLINEアカウントがハッキングされ、端末からデータが流出したと発表しました。

このハッキングはLINE社よって発見されたもので、被害に遭った一部のユーザーに通知したところ、そのユーザーが台湾のニュースメディア「Liberty Times」に伝えたことで明らかになりました。

https://news.ltn.com.tw/news/politics/paper/1463246

LINE社は声明を発表し、世界的なサイバー犯罪や攻撃に対して常に積極的かつ慎重に対処してきたが、今回はシステムが異常を検知したため、直ちにユーザーを保護するために必要な措置を講じたとしている。「データセキュリティとユーザーのプライバシーは当社の最優先事項の一つであり、LINE社は今後も必要な対策を講じていきます」と述べています。

同社は、内部犯行の可能性を否定しておらず、国家安全保障当局が調査を行っている。

台湾のLINE本社はユーザーに関するコンテンツが抽出され、中国に流出していることを発見し、直ちに全ユーザーの捜索を行ったと報じられています。 ユーザーのプライバシー設定をオンにしていたが、オフになっていたとのこと。

その結果、LINE社は直ちにセキュリティ機能を強化し、暗号化機能をオフにできないように設定し、その後、国家安全保障会議に率先して説明しました。

最強のスパイウェアとして知られるPegasusに加え、侵入方法も考えられますが、内部からの犯行の可能性もあります。

同ニュースによると、ハッキングされたアカウントは、総統府、内閣、複数の政党の議員、市長、台湾軍のメンバーなど、「高位の要人」に属するものだったということです

LINEはユーザーに侵入の事実を通知し、アカウントのメッセージ暗号化機能を有効にするよう伝えたとのことです。

インスタントメッセージングプラットフォーム「LINE」を運営するLINE株式会社は、同社のウェブサイトに掲載された声明の中で、今回の侵入を正式に確認しました。

https://linecorp.com/zh-hant/pr/news/zh-hant/2021/3841

LINEは、グローバルなサイバー犯罪や攻撃に対して、常に積極的かつ慎重に取り組んできました。

この事件を受けて、LINEのシステムは異常を検知し、直ちにユーザーを保護するために必要な措置を講じるとともに、法執行機関に報告しました。

データの安全性とユーザーのプライバシーは当社の最優先事項のひとつであり、今回の事件を受けて必要な措置を講じていきます

本日未明、台湾警察刑事局はLINEアプリを介して行われる恋愛詐欺についての注意喚起を行いましたが、この注意喚起は今回の政府関係者のアカウントのハッキングとは無関係のようです。

今年2度目のLINEセキュリティ事件

LINEは台湾で最も普及しているインスタントメッセージングアプリで、日本発のアプリ。

今年3月、LINEが開発の一部を中国企業に委託し、中国企業がすべてのLINEユーザーのデータに直接アクセスしていたことが発覚し、日本で大規模なスキャンダルが発生しました。

その数週間後、LINEのCEOは、すべてのユーザーデータを韓国のデータセンターから日本国内に限定して保管すると発表していました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.