マイクロソフトが提供するセキュリティの次のステップ

今日のセキュリティにおける最大の課題の 1 つは複雑さです。脅威の数が増え続けているだけでなく、多くの組織が、うまく連携できないセキュリティ ソリューションの寄せ集めで会社を守っています。この断片的なアプローチはコストがかかり、安全性が低く、成長を妨げます。

最新のセキュリティ イノベーションで一歩先を行く

2022 年 2 月 24 日に開催される Microsoft のセキュリティの次のステップでは、セキュリティへの包括的なアプローチによって、企業を前進させる適切なビジネス リスクを負う自信がどのように得られるかを学びます。このイベントでは、マイクロソフトのセキュリティ、コンプライアンス、およびアイデンティティ担当コーポレート バイス プレジデントである Vasu Jakkal とその他のセキュリティ専門家が、最新の脅威によるリスクを軽減するのに役立つ画期的なイノベーションを共有します。

セキュリティ環境は、2020 年のリモート ワークの急速な採用のような大変動から、または攻撃者による戦術の変化から、常に進化しています。強力なセキュリティ戦略を構築するには、新たなリスクと最新のテクノロジについて知る必要があります。

このデジタル イベントは、現在市場で何が起こっているのか、将来の予測など、セキュリティの動向について知る絶好の機会です。 Forrester のバイス プレジデント兼プリンシパル アナリストであるジェフ ポラードが、人間の知識の力とテクノロジ、およびクラウドのインテリジェンスを組み合わせて革新的なセキュリティ ソリューションを作成する方法について説明します。

すべてのクラウドに保護を拡張

包括的なセキュリティはカバレッジから始まります。今日の組織は、より多くのリソースとサービスをクラウドに移行しています。また、クラウドは 1 つだけではありません。ほとんどの企業は、複数のクラウドを使用してビジネスを運営しています。システムやプラットフォームを横切って移動する高度な脅威を防御するには、マルチクラウド環境の全体像を把握する必要があります。

このデジタル イベントに参加すると、すべての主要なクラウド環境を脅威から防御するイノベーションについて聞くことができます。

マルチクラウド環境でアクセスを管理する

職場はますます柔軟になっています。つまり、より多くの人がリモートで作業したり、会社のオフィスと自宅の間で時間を分割したりしています。従業員がどこにいても、仕事に必要なリソースやアプリに簡単にアクセスできる必要があります。

このデジタル イベントでは、マルチクラウド環境全体で ID を管理および保護するのに役立つ新しいテクノロジーに関するモデレートされたパネル ディスカッションをご覧ください。

今日の最大のセキュリティ課題に対処する

2022 年 2 月 24 日に開催される Microsoft のデジタル イベント「What’s Next in Security」に参加して、組織全体を保護するためにプラットフォームやクラウド全体で連携して機能するイノベーションについて聞いてください。次の方法を調べます。

  • 最新の市場動向でセキュリティ戦略を更新します。
  • 包括的なソリューションで ID、アプリ、クラウド、エンドポイントを保護します。
  • プロアクティブな脅威ハンティングと拡張された検出と対応 (XDR) で盲点を排除します。
  • クラウド環境全体で最小権限アクセスを適用します。
  • セキュリティ ギャップを特定し、マルチクラウド環境を脅威から保護します。

さらに、ライブの質疑応答チャットでマイクロソフトのセキュリティ エキスパートがすべての質問に回答します。

今すぐ登録して、包括的なセキュリティで大胆不敵になる方法を学びましょう。

マイクロソフトが提供するセキュリティの次のステップ

デジタルイベント | 2022年2月24日木曜日

午前 9:00 ~ 午前 10:30 太平洋時間 (UTC-8)

もっと詳しく知る

Microsoft セキュリティ ソリューションの詳細については、 当社の Web サイト を参照してくださいセキュリティ ブログをブックマークして、セキュリティに関する専門家の記事を入手してください。また、 @MSFTSecurityをフォローして、サイバーセキュリティに関する最新ニュースと更新情報を入手してください。

参照: https://www.microsoft.com/en-us/security/blog/2022/02/10/whats-next-in-security-from-microsoft/

コメント

タイトルとURLをコピーしました