Norton Life Lock、Avastを80億ドル規模で合併

norton-ethereum

サイバーセキュリティ企業であるNortonLifeLock社は、チェコのアンチウイルス企業であるAvast社と、81億ドルから86億ドルの価値を持つ株式ベースの取引で合併することで合意したと発表しました。

https://investor.nortonlifelock.com/About/Investors/press-releases/press-release-details/2021/NortonLifeLock-and-Avast-to-Merge-to-Lead-the-Transformation-of-Consumer-Cyber-Safety/default.aspx

ノートンライフロックの最高経営責任者であるヴィンセント・ピレットは、

この取引は、コンシューマー向けサイバーセキュリティにとって大きな前進であり、最終的にはデジタルライフを安全に送れるようにするという私たちのビジョンを達成することができるでしょう。

この合併により、当社のサイバーセーフティプラットフォームを強化し、5億人以上のユーザーに提供することができます。また、サイバーセーフティを変革するためのイノベーションをさらに加速させることができるようになります。

と延べ、Avastの最高経営責任者であるOndřej Vlček氏は

世界的なサイバー脅威が増大しているにもかかわらず、サイバーセーフティの普及率が非常に低い現在ノートンライフロックと一緒になることで世界中の消費者に総合的なサイバー保護を提供するという共通のビジョンを加速させることができるでしょう

私たちの有能なチームは、優れたデータへのアクセスにより能力を向上させ、より優れたソリューションやサービスを革新し開発するためのより良い機会を得ることができます。

我々の確立されたブランド、地理的な多様性、より大きなグローバルユーザーベースへのアクセスを通じて、統合された事業は世界中に存在する大きな成長の機会にアクセスする態勢を整えるでしょう。

と述べています。

合併条件と詳細

合併の条件では、Avastの株主は現金とNortonLifeLock社の新規発行株式の組み合わせを受け取る権利があり、Avastの株主に提供されるNortonLifeLockの株式は2021年7月13日の終値である27.20ドル/株となる模様です。

Avast社の株主による承認が得られれば、この取引の価値は81億ドルから86億ドルになる可能性があり、Avast社の株主は合併後の会社の株式の約14%を保有することになります。

NortonLifeLockの最高経営責任者であるVincent Pilette氏は、新会社のCEOに留まる予定で、AvastのCEOであるOndrej Vlcek氏は社長を務め、新会社の取締役会のメンバーとなります。

合併が完了すると、統合会社はチェコ共和国のプラハと米国アリゾナ州テンペに2つの本社を置くことになり、統合会社はNASDAQに上場します。

NortonLifeLock社は現在NASDAQにNLOKとして上場しており、一方、Avast社はロンドン証券取引所にAVSTとして上場しています。

新合弁会社は、推定5億人のユーザーにサービスを提供する予定で、追加の合併文書はアバスト社の投資家情報ポータルで入手できます。

Avastの合併に先立ち、NortonLifeLockは2020年12月にドイツのアンチウイルスメーカーAviraを3億6000万ドルの現金取引で買収しています。

NortonLifeLockは、Symantecがエンタープライズ向けの製品・資産をBroadcomに107億ドルで売却した後、2019年11月に設立され、SymantecのコンシューマーおよびSMB事業はNortonLifeLockとして再ブランド化された会社になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published.