英国、ハッキング・グループ「Lapsus$」に関連する16歳と17歳の少年を起訴

Hacker Code

Lapsus$に協力した容疑で起訴された英国の2人の10代が、ハイベリー・コーナー・マジストレート・コートの法廷に出廷し、保釈されました。

https://www.bbc.com/news/technology-60953527

ロンドン市警のマイケル・オサリバン刑事によると、16歳と17歳の少年はハッキンググループのメンバーに関する国際的な捜査の結果、起訴されたとのことです。

データの信頼性を損なう目的でコンピューターに不正にアクセスした3つの罪、虚偽表示による詐欺罪、データへのアクセスを妨げる目的でコンピューターに不正にアクセスした1つの罪で起訴されました

16歳は、プログラムへの不正アクセスを確保するための機能をコンピュータに実行させた1件でも起訴されています。

彼らをLapsus$グループと結びつけ、彼らが “ある条件付きで “保釈されたと述べています

Lapsus$が最近話題になっているのは、Microsoft、Nvidia、Samsung、Okta、Ubisoftなど、世界中の著名なハイテク企業を攻撃し、その多くが大規模なデータ流出を引き起こしたためです

Lapsus$ のメンバーのほとんどは、金銭的な動機ではなく、ハッキング・シーンで名を成すという目標に突き動かされている10代の若者であると考えられています。

このグループが何人のアクティブなメンバーを持ち、それぞれがどのような役割を担っているかはまだ不明ですが、英語、ロシア語、トルコ語、ドイツ語、ポルトガル語など複数の言語を話すことを示唆するかのようなテレグラムチャットから、世界中に協力者がいると考えられているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。