ホンダとアキュラ、2002年に時間が戻る「Y2K22」バグに見舞われる

ホンダとアキュラは、ナビゲーションシステムの時計が2002年1月1日にリセットされ、変更する方法がない2022年問題のバグ、通称「Y2K22」に直面していることが判明しました。

1月1日以降、アキュラとホンダのナビゲーションシステムの日付は自動的に2002年1月1日に変更され、時間はモデルや車が位置する地域に応じて、12時、2時、4時などにリセットされます。

ホンダとアキュラのオーナーによると、Y2K22バグはホンダのパイロット、オデッセイ、CRV、リッジライン、オデッセイ、アキュラのMDX、RDX、CSX、TLモデルなど、ほとんどすべての古い車に影響を与えているとのことです。

ホンダ/アキュラのバグの原因は不明ですが、Microsoft ExchangeがY2K22バグに見舞われ、メールの配信が凍結されました。

マイクロソフト社のバグは、日付が最大値2,147,483,647しか保持できないint32変数に格納されていることが原因でした。

しかし、2022年の日付は2022年1月1日午前0時の最小値が2,201,010,001であるため、ソフトウェアがクラッシュしてしまうのです。

同じバグがホンダやアキュラの車にも影響を与える可能性がありますが、ホンダのカスタマーサービスは2022年8月には解決するはずだと言っており、別の問題である可能性が示されています。

お客様のお車で発生している問題について、大変申し訳ございません。

NAVIクロックの問題をエンジニアリングチームにエスカレーションしたところ、2022年1月から2022年8月まで問題が発生し、その後は自動修正されるとのことでした

また、別のオーナー様にも同様に「2022年8月に自動的に修正される」との回答をもらっているようです。

我々はこの問題を認識しており、エンジニアがそれを調査しています。

ナビのカレンダーに関係していて、日付が8月になれば解決するとのことですが、より早く修正するための対策を検討しています

アキュラとホンダが修正のために車の所有者に7ヶ月の待ち時間を強いるかどうかは疑問であり、この問題を解決するためにナビゲーションシステムのアップデートがリリースされる可能性が高いとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。