Windows Serverの緊急アップデート:リモートデスクトップの問題を修正

Microsoftは、リモートデスクトップの接続とパフォーマンスの問題につながるWindows Serverのバグに対処するため、緊急更新プログラムをリリースしました。

https://docs.microsoft.com/en-us/windows/release-health/windows-message-center#2772

マイクロソフトは、2022年1月4日Windows Server 2019およびWindows Server 2012 R2において、Windows Serverに黒い画面が表示されたり、サインインが遅くなったり、全体的に遅くなったりする可能性がある問題を解決するため、緊急(OOB)アップデートをリリースします。

スタンドアロンの更新パッケージを入手するには、Microsoft Update Catalogで検索してください。

この更新プログラムをWindows Server Update Services(WSUS)に手動でインポートすることができます。

手順については、「Microsoft Update Catalog」を参照してください。

注意:これらの更新プログラムは、Windows Updateからは入手できず、自動的にはインストールされません。

影響を受けるプラットフォームは、Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016、およびWindows Server 2012 R2です。

Windows Server 2019およびWindows Server 2012 R2用のスタンドアロンの更新パッケージは、これらのナレッジベース記事に記載されている手順で入手できます。

KB5010196およびKB5010215を参照してください。

KB5010196およびKB5010215は累積的なアップデートであるため、このアップデートをインストールする前に以前のWindows Serverアップデートを展開する必要はありません。

2021年11月、マイクロソフト社はWindows Serverのサポートされるバージョンを実行しているドメインコントローラー(DC)に影響を与えるKerberos委任シナリオに関連した認証問題を修正するための緊急更新プログラムをリリースしました。

マイクロソフト社の説明によると、問題が発生したシステムでは、エンドユーザーがオンプレミスのActive DirectoryやハイブリッドAzure Active Directory環境でシングルサインオン(SSO)を使用してサービスやアプリケーションにサインインできませんでした。

その1週間前にも、マイクロソフト社のデジタル証明書の有効期限が切れているために、Windows 11の一部の内蔵アプリケーションや機能を開いたり使用したりする際の問題に対処するため、別の緊急更新プログラムを発行しています。

その前の昨年は、印刷問題、WiFiクラッシュ、PDFを開く際の問題、Windows PrintNightmareゼロデイ、別の印刷問題を修正するために、緊急更新プログラムをプッシュしていました。

Windows Server 2022:KB5010197
Windows Server 2019:KB5010196
Windows Server 2016:KB5010195
Windows Server 2012 R2:KB5010215

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。