日本と米国、ランサムウェアの脅威に対する協力関係を強化する見込み

日本の政府関係者は、米国と日本が近日中に開催される安全保障サミットでランサムウェアの連携対策に合意する予定であると述べました。

ロイド・オースティン米国防長官、アントニー・ブリンケン米国務長官、岸信夫防衛大臣、林芳正外務大臣は1月7日にワシントンで開催される日米安全保障協議委員会(「2プラス2」安全保障協議としても知られる)に出席する予定でした。

しかし、中国の軍事的侵略に焦点を当てると予想されるこのサミットは、オミクロンCOVID-19が急速に広まったため、オンラインに変更されました。

報道によると、サイバーセキュリティも議題となるようです。

ランサムウェアに関する協定の詳細はほとんど明らかにされていませんが、情報共有の強化、ハッカー集団の特定に関する協力、民間企業の攻撃に対する耐性の強化などが含まれると予想されています。

最近ではホワイトハウスの国家安全保障会議が主催する「国際ランサムウェア対策イニシアチブ」に参加した30のパートナー国のうちの1つとして、日本が参加し、ランサムウェアの脅威に対抗するための国境を越えた協力体制の強化を開始しました。

大きなポイントはネットワークに対抗するには、ネットワークが必要である

アン・ニューバーガー副国家安全保障顧問は、会談後の声明で次のように述べています。

今回の会議は、グローバルコミュニティが政府の専門家を集めて、ランサムウェア対策の協力体制が機能しているところ、改善できるところ、共通の目標を達成するためにどのようなツールやベストプラクティスが存在するかについて、率直な意見交換を行うことができます

https://www.state.gov/briefings-foreign-press-centers/update-on-the-international-counter-ransomware-initiative

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。