Zoom、WindowsとmacOSのクライアントに自動アップデート機能を追加

Zoomは、デスクトップクライアントのアップデートプロセスを効率化するために設計された自動アップデート機能の提供開始を発表しました。

この新機能は、現在WindowsとmacOSのデスクトップZoomクライアントのみで利用可能で、Linuxプラットフォームは現在サポートされていません。

なお、モバイルデバイスのユーザーもそれぞれのアプリストアに内蔵されている自動アップデータを利用して、アプリを自動的に更新することができるとのこと。

ほとんどの個人ユーザーは、デフォルトで自動アップデートが有効になっています。自動アップデートが有効になっている場合、ユーザーは、デスクトップ・クライアントを最初にインストールした後や、この機能がある場所で最初のアップデートを行った後に、自動アップデートを停止することができます。

ユーザーは、「ズーム」>「設定」>「一般」の「自動的に私のズームを最新の状態に保つ」にチェックを入れたり外したりすることで、いつでもこの設定を変更することができます。

またアップデートの頻度を「遅い」と「速い」の間で切り替えることができ、「遅い」オプションを選択した場合は、アップデートの頻度が少なくなり、安定性を最大限に高めることに重点が置かれます。高速アップデートチャンネルを選択した場合は、最新の機能やアップデートが利用可能になり次第インストールされます。

ただし、どのアップデートチャネルを選択したかにかかわらず、重要なZoomクライアントのセキュリティアップデートは、自動アップデートを有効にしているすべてのユーザーに自動的に提供されます。

このプラットフォームでは、これ以前にも企業ユーザー向けに自動アップデートが提供されていましたが、今回のアップデートでは対象となるユーザーが拡大され、企業組織に所属していないすべての個人デスクトップクライアントユーザーが含まれるようになりました。

また、Zoomは、2020年9月に全アカウントへの2要素認証(2FA)対応、2020年10月にエンド・ツー・エンド暗号化(E2EE)、その1か月後にはゾロ目の荒らしを止めるためのセキュリティ強化を行っている。

同社のビデオ会議ソフトウェアは、パンデミックが始まって以来友人と連絡を取り合ったり、オンラインミーティングを開催したりする手段として非常に人気があります。

Zoom社のCEOであるエリック・S・ユアン氏は、2020年4月にプラットフォームのZoomミーティング参加者が1日あたり3億人に達したことで、急成長を遂げたと報告しています。

https://blog.zoom.us/90-day-security-plan-progress-report-april-22/

Zoom Messengerは、4月に開催された「Pwn2Own 2021」において、Computest社のDaan Keuper氏とThijs Alkemade氏によってハッキングされていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。