米国、ランサムウェアの米国最大パイプライン被害により緊急事態宣言

Colonial Pipeline社

Colonial Pipeline社がランサムウェアの攻撃にあい、同社が5,500マイルの燃料パイプラインの停止させられた後、連邦自動車運送業者安全局(FMCSA)は17の州とコロンビア特別区に地域緊急事態宣言を発表しました。

5,000万人に影響:米国最大の燃料パイプラインがランサムウェア攻撃を受け操業停止

本宣言は、ガソリン・ディーゼル・ジェット燃料・その他の石油精製品の即時供給を必要としている地域への支援を目的としています。

燃料輸送のルールを緩和

今回のパイプライン停止により影響を受けて、緊急事態宣言に含まれる州および管轄区域は、アラバマ州、アーカンソー州、コロンビア特別区、デラウェア州、フロリダ州、ジョージア州、ケンタッキー州、ルイジアナ州、メリーランド州、ミシシッピ州、ニュージャージー州、ニューヨーク州、ノースカロライナ州、ペンシルバニア州、サウスカロライナ州、テネシー州、テキサス州、バージニア州となっています。

これらの州に石油精製品の直接支援を行う商用車事業者は、連邦自動車運送事業者安全規則(FMCSRs)のパート390から399が免除されます。

「直接支援は、被災州におけるColonial Pipelineの業務停止、部分停止、手動操作によるガソリン、ディーゼル、ジェット燃料、その他の石油精製品の不足に関連した緊急救援活動の支援ではない貨物の輸送またはサービスの提供のため、運転者または商用車が州間商取引で使用された際、または自動車運送業者が運転者/商用車を別の場所に派遣して商取引での業務を開始したときとする。この軽減措置はColonial Pipelineの業務停止、部分的な業務停止、手動操作 によって引き起こされる緊急状態の期間のみに適用される。」-FMCSA

https://www.fmcsa.dot.gov/sites/fmcsa.dot.gov/files/2021-05/ESC-SSC-WSC%20-%20Regional%20Emergency%20Declaration%202021-002%20-%2005-09-2021.pdf

宣言の規定は2021年5月10日現在有効であり、緊急事態が終了するまでもしくは2021年6月8日午後11時59分(米国東部時間)までいずれか早い方の規定が適用されます。

Colonial Pipelineは東海岸の市場や製油所にとって不可欠な存在であり、これらの地域で消費される全燃料の45%を占めているものになり、Colonial Pipeline社の輸送インフラは毎日少なくとも250万バレルの石油精製品を米国南部および東部の各地に運ぶことができます。

ランサムウェア「Darkside」

Colonial Pipeline社は、土曜日のニュースリリースでランサムウェア攻撃の被害を受けたと発表しました。同社は特定のシステムをオフラインにして、すべてのパイプラインの操業を一時的に停止しました。

Updateされた情報によると、再起動計画が進行中であり「ターミナルと配送地点の間のいくつかの小規模なライン」は稼働しているとのことでした。その時点ではメインライン1、2、3、4が引き続き停止していました。

「弊社は他のラテラルへのサービス回復を進めており、安全であると判断された場合にのみ、すべての連邦規制の承認を完全に遵守した上で弊社のフルシステムをオンラインに戻す予定です」-Colonial Pipeline社

https://www.colpipe.com/news/press-releases/media-statement-colonial-pipeline-system-disruption

米政府関係者は今回の攻撃の背後に2020年8月中旬に出現したランサムウェア「Darkside」の活動が存在すると語っています。この犯罪集団は企業のターゲットに焦点を当てて、重要なデータを盗んでから暗号化して二重脅迫を行うことが通常です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.