ランサムウェア攻撃を受けた食肉大手JBSが完全に復旧

世界最大の牛肉生産者であるJBSはランサムウェア「REvil」の攻撃を受けた後、全世界の施設が完全に稼働し、通常の生産能力が回復したと発表しました。

JBSは5月31日にランサムウェア「REvil」が北米とオーストラリアのITシステムの一部に侵入して暗号化し生産の停止させられました。

FBIはJBSのランサムウェア攻撃はREvilランサムウェアグループであることを公表し、JBSへの攻撃はColonial Pipeline社が米国最大のパイプラインを停止させ、500万ドルの身代金の支払いを余儀なくされた別の大規模なランサムウェア事件に続くものとなっています。

5,000万人に影響:米国最大の燃料パイプラインがランサムウェア攻撃を受け操業停止

JBSは世界最大の牛肉・鶏肉生産者であり、世界第2位の豚肉生産者でもあり、米国、オーストラリア、カナダ、英国に事業を展開しています。

全世界で24万5,000人以上の従業員を雇用し、約190カ国に食肉を販売しているブランド企業です

予想以上に早くビジネスに復帰したJBS

JBSはバックアップサーバが攻撃の影響を受けなかったこと、食品のサプライチェーン、生産者、消費者への影響を軽減するために、生産に不可欠なシステムの復旧を優先したことから予想よりも早くシステムを復旧することができました。

また米国、オーストラリア、カナダの各政府からも強力な支援を受け、FBIとCISAはランサムウェア攻撃からの復旧に向けてJBSに技術支援を提供しました。

JBS USAは「弊社の迅速な対応、強固なITシステム、暗号化されたバックアップサーバーにより迅速な復旧が可能となりました。その結果、JBS USAは攻撃を受けた損失を1日分以下に抑えることができました。」と述べています。

https://www.globenewswire.com/en/news-release/2021/06/03/2241773/17532/en/JBS-USA-and-Pilgrim-s-Announce-Resolution-of-Cyberattack.html

JBS USAのCEOであるアンドレ・ノゲイラ氏によるとREvilは同社の基幹システムにアクセスできなかったため、攻撃の影響を大幅に縮小ことができたと述べています。

JBSは今回の攻撃でJBSの顧客、サプライヤー、従業員のデータが侵害されたという証拠は見つかっていないと述べています。

ランサムウェアに注目

JBSのREvilのランサムウェア攻撃を受けて、ホワイトハウスは企業経営者にランサムウェア攻撃に対して真剣に対策するように促しています。

ジェン・プサキ報道官は、6月16日のジュネーブサミットでバイデン大統領がロシアのプーチン大統領と最近の攻撃について話し合うことになっていると報道に述べました。これは、これらの事件の背後にあるランサムウェアグループ(REvilを含む)がすべてロシアから運営されていると考えられていることを考慮したものです。

プーチン大統領とバイデン大統領が2週間後に行う1対1の直接協議でも、この話題が取り上げられるでしょう

ロイター通信は、米国政府がランサムウェアによる攻撃について、重要なサービスを停止させ、米国の利益に多大な経済的影響を与えることから、テロと同様の優先順位を与えるだろうと報じています。

https://www.reuters.com/technology/exclusive-us-give-ransomware-hacks-similar-priority-terrorism-official-says-2021-06-03/?utm_source=reddit.com

Leave a Reply

Your email address will not be published.