セキュリティ企業Group-IBの創業者、ロシアに国家反逆罪で逮捕:反ロシア発言が原因か

ロシアのニュースメディア「RTVI」は、セキュリティ企業Group-IB社のCEOがロシアに逮捕されたことを報じました

Group-IB社のコミュニケーションチームは、捜索の理由はまだ明らかになっていないが、他国の顧客にデータの安全性を確認したいとコメントしています。

モスクワの裁判所関係者によると、Group-IBのCEOはロシア刑法第275条に基づき国家反逆罪で起訴され、2021年11月27日まで2ヶ月間拘留される予定です

ロシアの通信社タスは、反逆罪はGroup-IBが外国の情報機関とデータを共有したことに関連していると報じています。

Group-IB社は、プレスリリースでCEO逮捕を認め、同社の最高技術責任者であるドミトリー・ヴォルコフが当面の間、リーダーとしての職務を引き継ぐことを発表しました。

https://www.group-ib.com/media/official-statement-sachkov-innocence/

現在、サイバー攻撃の検知と防止、オンライン詐欺の特定、ハイテク犯罪の調査、知的財産権の保護に特化した大手ソリューションプロバイダーの1つであるGroup-IB社の弁護士は、Group-IBのCEO兼創業者であるイリヤ・サチコフに関する2021年9月28日のモスクワのレフォルトヴォ裁判所の声明を検証しています。

Group-IB社のチームは、同社のCEOの無実と同社のビジネスの誠実さに自信を持っています。

物議を醸したサチコフ氏の発言

Group-IBは、ロシア最大のサイバーセキュリティ企業のひとつで、ロシアで設立され、現在は正式にシンガポールに本社を置く同社はマルウェアグループや電子メール詐欺など、複数のサイバー犯罪グループの逮捕につながる調査で、しばしば欧州警察や国際警察と協力してきました。

サチコフCEOは、ロシアはハッカーを捕まえることに真剣ではなく、独立性を保つために会社をシンガポールに移した、と有名な発言をしています。

2019年には、米国の裁判所がGroup-IBのアナリストであるニキータ・キスリッツィンを、米国企業Formspringから盗んだデータを受け取ったとして起訴しましたが、Group-IBはKislitsinは脅威情報アナリストとしての仕事をしていただけであり、既知のハッカーに連絡を取り、彼らの最新の試みを知り、盗まれたデータのコピーを入手することだったと述べている。

Leave a Reply

Your email address will not be published.