キューバ、インターネット検閲・サイバーセキュリティ法を可決

キューバ政府は、何十年にもわたる共産主義指導部への抗議デモが何週間にもわたって行われ、インターネット上の表現の自由を制限し「偽情報」の拡散を防ぐために現地のサービスプロバイダーにネットワーク上の検閲機構の構築を義務付ける一連の新法を可決しました。

https://www.minjus.gob.cu/es/noticias/gaceta-oficial-no-92-ordinaria-de-2021-nuevo-marco-legal-de-las-telecomunicaciones-las

今回可決されたこの法律は、発表された新機関(Institute of Information and Social Communicationと名付けられ、政府が通信省内に設置した機関)によって施行されることになっています。

新法の条文によると、

国内の通信事業者は、ネットワーク・トラフィックを傍受・監視できる機器を確実に所有・運用しなければならない。

事業者は、ネットワークが「人間の尊厳を傷つけるような虚偽の情報の送信、性的、差別的な内容の送信、ハラスメントを引き起こすような送信、個人や家族のプライバシー、個人のイメージや声、個人のアイデンティティ、統合性、名誉、集団安全保障、一般福祉、公共道徳、公共秩序の尊重に影響を与えるような送信、または不正な行為を行うための手段としての送信」に使用された場合、通信に介入し、「中断」することを義務付けられている。

また、新法は、キューバの都市部において正式な通信事業者の存在しない地域ネットワークも対象としており、法人格を持たないにもかかわらず、同条項に従うことが法的に義務付けられています。

さらに、新法では通信省の許可を得ずにネットワーク機器を輸入・販売することも禁止されており、共産党政府は不正なネットワークがさらに広がるのを防ぐためにこの措置をとったとしています。

政府批判を “サイバーテロ “に分類

また、政府はサイバーセキュリティ法を導入し、通信省内の「コンピュータ・ネットワーク・セキュリティ・オフィス」へのサイバーセキュリティ・インシデントの報告義務を導入しました。

ネットワーク上で「サイバーセキュリティ・インシデント」を発見したネットワーク・プロバイダーは、悪意のある活動を調査し、停止させるための措置を取らなければならない。

新サイバーセキュリティ法に含まれる付属文書では、キューバ国家の「憲法、社会、経済」に損害を与える情報の拡散は「サイバーテロリズム」とされ、正式にサイバーセキュリティインシデントに分類されている。つまり、ネットワーク事業者は、共産主義政権に向けたネット上の批判に介入し、ブロックしなければならない。

この新法は、ハバナ政府に広範なインターネット遮断を正当化する法的根拠を与えることになるが、それ以上に重要なのは、中国、ロシア、タイ、サウジアラビアなどの独裁政権で実施されている同様のシステムと同等の国レベルのファイアウォールを構築する法的根拠を与えてしまうと考えられています。

キューバ政府は、2021年7月と8月に行われた抗議活動において、ネット上の批判をフィルタリングする能力を欠いていたため、国民の間に広がる反対意見を抑えようと、インターネットアクセスを遮断する手段をとっていました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.